屋形船とは?

屋形船とは、情緒を四季や、情緒を楽しみながら、
宴会をしたり、パーティーなどが開けたりする、
いわば、パーティー船の一種と言ってもよいと思いますo(*^▽^*)o♪
お見合いパーティーでルネッサンスと叫びたいですけど…。話がそれましたね。

屋形船の小優人数は、船によりけりですが、
20〜100名程を収容できる座敷を備えた船が多く、
最近では、和風の椅子席を用意していたり、屋根にデッキなどを設け、
お客さんが屋形船の外に出られるようにしたような船もあるそうです。

ちなみに、このような屋形船を営んでいる業者さんのことを”船宿”と呼びます。

屋形船の用途

屋形船の用途は、主に貸切をして、宴会などを行う目的で運航されていて、
屋形船の中では料理や、酒といった飲食品類が提供されます。
もちろん、屋形船は、通常の宴会やパーティーなど、
エンターテイメントの強い要素の使い方だけではなくて、
場合によっては会議室としても使えます。なので、パーティーマナーを知るのも大切です。
屋形船の上で会議や研修・・・なんか少しだけうらやましいです(゜ー゜;A

夏には花火大会の観覧のために屋形船が運航されたり、
結婚式などのイベントにも利用されたりするなど、
屋形船は、その利用形態も多彩です。♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

日本酒の他、様々なお酒を豊富に販売。お酒好きの方は是非!!

チェック!
大人数を乗せるだけでなく、少人数でも乗れるような”乗合船”といった船を
運航している船宿さんもあります。 特に東京での屋形船の話になりますと、屋形船の中では、主に刺身や、天ぷらなどの 魚介類を中心とした料理が振舞われることが多いです。

地域の食材

全国の屋形船を見てみると、それぞれの地域の特性を生かし、
広島では”カキ”、山中湖では”ワカサギ”等を使った料理、
東京は月島等になると、名物”もんじゃ焼き”など、
実に地域によっても多彩な食事となることもあるようです。(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

屋形船の歴史はえ、江戸時代前期から存在していました。
隅田川に船を浮かべて、その船の上の宴席で遊ぶという形だったのですが、
当時の屋形船は非常に格式が高いもので、利用者も、大名や旗本といった、
位の高い武士や豪商のためのものでした。☆-(^ー'*)b納得
⇒もっと調べるなら、屋形船の歴史 宴会の歴史で詳しく説明してますよ。

最終更新日:2017/3/30